初任給最新ランキングTOP5!!(2018年卒)

就職活動をする際に企業選びの軸の重要な軸となるのが給料です。
会社に入って一番最初にいただく初任給のランキングが日本経済新聞の調べで発表されました。
調査対象は上場企業及び日本経済新聞社が独自に選んだ有力な非上場企業らしいので給料の高いベンチャー企業が対象から外されています。

 f:id:shota0708:20180426024518j:plain

ではランキングです!

 

 

第5位

セプテーニ・ホールディングス

 初任給:336,350円

株式会社セプテーニ・ホールディングスは、ネットマーケティング事業、メディアコンテンツ事業を手がける子会社を統括する純粋持株会社です。
ネットマーケティング事業はフェイスブック関連に強みを持ち、メディアコンテンツ事業は、マンガコンテンツ関連を中心に積極投資しています。

 

 

第4位

北の達人コーポレーション

初任給:340,000円

なんと社員数たった80人の 東証一部上場企業です。

東証一部上場企業の平均社員数8200人を考えると、とんでもない企業です。

事業内容は自社オリジナルの健康食品や化粧品を主にeコマースで販売する企業です。

 

第3位

アビームコンサルティング  

 初任給:340,300円

4位と300円差の第3位です笑

「日本発、アジア発のグローバルコンサルティングファーム」を掲げ、3つの総合力(業界×サービス×グローバル)を特徴とした総合コンサルティングファームです。

 

第2位

PwC Japan

 初任給:350,000円

Pwcプライスウォーターハウスクーパースの略で、イギリスに本社があり、

世界4大会計事務所・総合コンサルティングファームです。

PwC Japanは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。

 

 

そして1位となる会社は、、、 

 

 

 

第1位

フィル・カンパニー

 初任給:400,000円

 

 サラリーマンの平均月給を5万円も超えて堂々の一位です!!

主に駐車場を活用した空中店舗開発事業を行っています。

 

 

いかがだったでしょうか?

ほとんどがメジャーではない会社でびっくりしました。

実際は初任給はここまで高くはなくても昇給率が高い会社もたくさんあると思うので参考までに!

企業選びの基準は給与だけじゃダメですよ〜!!